家を空けてる間も安心!リロケーションというサービスを利用しよう

婦人

空き家の有効活用

部屋

家を貸すことは賃貸借契約を結ぶ必要があり、ルールに沿って家を一定期間貸し付けることになります。さらに建物の修繕などは所有者が行うことになるなど所有者としての責任を持つ必要があります。一方で、家を購入したものの転勤により住まなくなったり、または相続した家などを誰かに一定期間貸すという方法もあり、それらはリロケーションと呼ばれます。リロケーションは定期借家という形式の賃貸借契約を結ぶことになります。普通借地契約では、1年から2年ごとに契約を更新する必要があり、さらに更新を拒否することが正当な事由がなければ行うことができませんが、定期借地契約では任意の年数を定めることが可能で、期限が来れば契約更新はなく返還を受けることができます。

リロケーションをするメリットとしては、利用していない家を誰かに期限付きで貸すことにより、その間に収益を得ることができるということです。そもそも不動産は保有しているだけで固定資産税が掛かりますし、また建物も傷んできます。このためランニングコストとリフォーム費用がいずれは必要になります。リロケーションを行うことでこれらの費用を収益によって捻出することが可能です。またリロケーションでは直接、貸し付けるのではなくリロケーションを専門とする会社を利用して行うことになります。この場合には管理費などが必要ですが遠方に住んでいても建物のメンテナンスを所有者に代わって行ってくれますし、借りる側も安心して利用することができます。

不動産管理をサポートする

積み木

みんなで大家さんの魅力は不動産の管理が一切不要ということです。運営会社があらゆる管理業務を行ってくれます。また、1口100万円から出資できるのも魅力です。ただし、他の投資方法と同様に元本保証はありませんので、注意しましょう。

More...

副収入のアパート経営

説明

年功序列の賃金体型が崩壊しているので、大手企業の社員でも将来への不安を抱くことがあります。そこでアパート経営をして副収入を得るようにしておきたいです。サブリースでアパート管理を任せておけば、家賃収入だけを受け取ることも可能です。

More...

比較的手頃な手数料です

男女

賃貸物件を借りる時には、賃貸保証会社の利用を義務付けられるケースが増えています。不動産会社や大家さんにとっては、負担なしで家賃滞納リスクを回避できます。また、借主が払う手数料は30%から70%が多く、比較的負担にならない手数料であると考えられます。

More...