比較的手頃な手数料です|家を空けてる間も安心!リロケーションというサービスを利用しよう

家を空けてる間も安心!リロケーションというサービスを利用しよう

男性

比較的手頃な手数料です

男女

仕組みを見ていきます

賃貸物件を借りる場合には、賃貸保証会社や家賃保証会社といったものの利用を義務付けるケースが増えています。これらの業者を利用するためには手数料が必要となるため、親族に保証人を依頼できる方には負担が増えることになります。しかし、仲の良い兄弟や現役世代の親がいる場合には別ですが、それ以外の方に保証人をお願いするのは、お願いする方もされる方も精神的に負担になるものです。賃貸保証会社の需要が増しているもう一つの理由は、不動産会社や大家さんの側にあります。不動産会社や大家さんにとって、家賃の滞納は最も避けたい事態です。賃貸保証会社を使うことで、不動産会社や大家さんは一切負担が増えることなく、安全な保証を手に入れることができます。

気になる手数料は

賃貸保証会社の利用には手数料が掛かりますが、その手数料はそれほど大きな負担にならない程度の金額です。賃貸保証会社によって異なりますが、高いところで家賃の一ヶ月分、採用業者が多いのが家賃の半月分というところです。また、ほとんどが30%から70%の範囲内で収まることが多いです。賃貸契約の更新時にも賃貸保証会社へ更新手数料が必要になることがありますが、その場合は初回に比べて金額が下がることがほとんどです。ただし、それまで問題なく家賃の支払いを行っていることが必要です。どの賃貸保証会社を使うかは、不動産会社から指定がある場合もありますし、借主が自由に選べる場合もあります。その場合には、複数の業者を比較することもできますので、手数料も含めて優良な業者を選びましょう。